空き家を売るという決断

こんにちは。

昨日、久しぶりに豪華な焼肉を食べに行ったのですが
もう体が少ししか受け付けなくなっていて、
胃がやられてしまったツナグ不動産事務所の花村です。

今回は空き家を売るという決断というテーマで書きたいと思います。

現在、社会問題になるほどに空き家が世の中に溢れています。
皆さんの地域にもきっと少なからず空き家があるはずです。
もしかしたら知り合いに空き家を抱えている人もいらっしゃるかもしれません。

かく言う私も子供の頃にお世話になった近所のおじさんおばさんの家が
空き家になっている状態です。

理由は簡単で住む人がいないからです。

核家族化が進んできて、子供はどんどん巣立って行ってしまうのです。
ツバメの巣みたいなものでしょうか。

建物の性能は日進月歩で良くなって寿命が延びているのに
次の世代がその建物に住まなくなっているというのは因果なものです。

ただ、これからは中古住宅の人気がもっともっと上がってくると思います。

以前はあまり良い状態の中古住宅が少なかったのですが
今は本当に状態の良い中古住宅が増えています。
これはきっと年を追うごとに増えていくと思います。

さてさて、ここでようやく空き家を売るという決断です。
空き家ってなんでなくならないのでしょうか。

色々と考えたり本を読んで勉強してみたのですが
元々、人は自分の手持ちの物を切るのが苦手だそうで
売るという心理状態は、自分が持っている物を失うというふうに捉える人が多いようです。

商売として売る場合にはお金を得る目的でやっているのでお金を得たという満足感がでるのですが、
個人がお金に困っていないのにお家や物を売る場合はお金を得たいという想いが薄いので
お金を得るという楽しみよりも、家を失う寂しさの方が強いようです。

だから空き家を持っていても、
お金に困っていなければ売却するという決断には至りにくいようです。

しかしそうは言っても
現実に空き家はどんどん痛んでいきますし、
資産価値も減少し続けていきます。
まして、家が朽ちていく方が心理的にはもっと寂しい気持ちになってしまします。

本当に大事にしてきたお家のことを考えたら
次に住む人を迎えた方が家にとっても社会にとっても良いことです。

そして私のお客さんを見ていたら分かるのですが
売ると決断したら心が晴れやかになって、次に進んでいらっしゃいます!
お家が売れた時には新しい何かを始めようとしていらっしゃる方ばかりです!

もしも空き家を持っていて踏ん切りがつかない方がいらっしゃいましたら
どうぞ私に相談してください。

ご自分が何に対して迷っているのかなどを話すときっと心がスッキリします!
それでも心が決まらなければ、もう少し持っていれば良いと思います!

このホームページは当社がどんな会社で、どんな想いを持って仕事をしているのかをお伝えするためのものですのでどうか他のページも読んでみてください。

ツナグ不動産事務所(株式会社アドバイス)
静岡市葵区川合2丁目11-50 A103
TEL : 054-294-7441
FAX : 054-294-7442

カテゴリー: 不動産を売りたい人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA