信頼されるのと信頼するの

こんにちは。
静岡市葵区川合のツナグ不動産事務所の花村です。

先日、お客様から査定依頼を受けてご自宅でご挨拶と打ち合わせをさせて頂きました。
いつも査定依頼を受ける時には必ずお客様にお伝えすることがあります。

「僕はガツガツしつこくするつもりもないので、ざっくばらんに何でもお話しください。
 相談だけで全然大丈夫です!」

この言葉をお伝えするだけで、随分お客様がリラックスしてお話をしてくれます。
どんな会社で僕がどんな人柄なのか、お会いして話をさせて頂くまではお客様も構えてることが多いです。
まずはお客様の緊張をほぐすことが一番大事だと思っています。

でも先日お会いしたお客様に僕は完全にやられてしまいました。
お会いしてすぐに
「君にしか頼まないから、いい仕事をしてくれよ!」
と言われました。

いつもはお客様に惚れてもらうように頑張って説明するのですが
逆にお客様に惚れてしまいました。
なんかもう先に報酬をもらってしまった気になって、
なんだか背筋が伸びました。
なんとかこのお客様の信頼に応えたいと必死に頑張ってます!

誰もが仕事以外ではお客になることが多いですし
仕事中でも自分がお客になることもあります。

自分がお客になった時、相手を信頼して仕事を依頼しているか考えなおさなければいけないですね。

みんながみんな同じじゃないかもしれないけど
信頼してもらえればそれに応えたくなったしまいますよね。

今までは信頼してもらう力や信用してもらう力を身につけたいと思っていましたが
それと同じくらいに相手を信頼する心や信用する心も必要なんだと今は考えてます。

両方身につけられたら、
もうちょびっとだけ器がでっかくなるのかな・・・。

コメント